toggle

4つのこだわり

1.こだわりの牛乳

fuji御殿場プリンのメイン材料である牛乳は、富士山麗朝霧高原にある、まかいの牧場のノンホモ牛乳を使用しています。ノンホモ牛乳でプリンを作ることにより、表面にクリームの層が出来ます。まず一口めは上層部のクリーム層を味わい、次に真ん中へ行くにつれだんだんと味が変わっていき、そして最後はカラメルソースと合わせて食べます。まさに1度に2度美味しいどころか、1本で3回美味しさを楽しめる絶品プリンです。

 低温殺菌・ノンホモ牛乳って?

ノンホモ牛乳とは、脂肪の均質処理(脂肪球を粉々に細かく砕くこと)をしない牛乳のことです。
搾ったままの状態なので置いておくと上部に生クリームの層が出来て最終的には分離します。普通の牛乳と違って脂肪球が細かくないので風味も芳醇で抜群に良く、牛乳臭さがなく、舌触りがしつこくなく滑らかなのです。おなかがゴロゴロしにくく、余分な脂肪を吸収しにくいという特長があります。
また、日本で市販されている牛乳の多くは、超高温殺菌(130℃2秒間殺菌)で牛乳本来の栄養素が変質したり、死滅したりしてしまいます。
それに対し、低温殺菌は65℃で30分掛けてゆっくりと人体に有害な菌(大腸菌など)のみを死滅させ、吸収率が抜群のカルシウムや免疫効果のある良質のたんぱく質や生きたままの善玉菌、ビタミン、ミネラルなどの有用な成分をそのまま活かす事ができるすばらしい処理方法です。(まかいの牧場HPより引用)

 指定農場について

まかいの牧場では指定農場である佐野牧場(サノボク)にて生乳を生産しております。
佐野牧場は地元富士宮市在住の佐野将史が運営する乳牛50頭規模の中規模生産牧場です。
乳牛の安全性を重視した、農場HACCP第1号牧場として飼養衛生管理を徹底しており、口蹄疫などの家畜防疫対策として牛の健康管理とストレス軽減を行い、最良な乳牛作りを目指しています。(まかいの牧場HPより引用)

2.こだわりの卵

卵は、地元御殿場市にある東富士養鶏場の御殿場たまごを使用しています。濃厚な黄身の味わいとほのかな甘みが特徴です。地産ならではの強味で、毎日新鮮な卵を仕入れる事ができます。御殿場産まれのフレッシュな味をお楽しみください。

3.こだわりの砂糖

砂糖は色々と種類がありますが、フジノデリスでは北海道産のてん菜糖を使用しています。てん菜糖はミネラルが豊富で、更に、腸内環境を整えるオリゴ糖が含まれている為、お腹に良いと言われております。一般的なグラニュー糖より甘さも優しく感じられ、ノンホモ牛乳との相性は抜群です。

4.とろけるプリンの製造について

fuji御殿場プリンは、ノンホモ牛乳、卵、てん菜糖、バニラビーンズから出来ています。スチームコンベクションと呼ばれる蒸気の出るオーブンで焼き上げているのです。温度、時間をギリギリのタイミング調整し、丁度いい柔らかさに仕上げています。口に入れた時に広がるまろやかさ、まさにfuji御殿場プリンの代名詞でもある、とろけるプリンを是非お楽しみください。